下限の金利?上限の金利?銀行カードローンの金利システム

銀行カードローンの金利は融資限度額に応じて決まります。
融資限度額が高くなればその金利は下がり、反対に低くなると上がるという仕組みです。
ちなみに、初回融資限度額は上限金利が適用される範囲で決められることが多くなります。
消費者金融とは全く金利システムが異なります。
同じように金利の上限から下限が決められていますが、適用金利がどのようにして決まるのかが全く異なります。
銀行カードローンは融資限度額に応じて決まりますが、消費者金融の金利はなにがどのようになると決まるのかそれが公表されていません。
一般的には上限金利が適用され、下限の金利に達することはありません。
また上限金利からどのタイミングで引き下げがあるのかも明確にはされておらず、それどころか引き下げになることもあるかどうかはわかりません。
それと比べると銀行カードローンの金利はそのシステムが明確になっているという大きな特徴があります。
その銀行によって金利の違いは非常に大きなものです。
一桁台の金利になることもあれば、ジョグ円金利が消費者金融と変わらない18.0%になることもあります。
金利は融資限度額によって決まる、そのことを考えると契約時に決められた融資限度額が適用される金利を表すことになります。
増額の申請を行い増額が決定しなければ金利を変えることができません。
つまり、適用される金利を決めるためには銀行選びの段階しかないことになります。
それでは金利がどのように利息に影響をするのかをみてみましょう。
利息は金利だけで決まるものではありません。
借り入れ残高、金利、利用日数によって決まります。
金利は実質年率とも呼ばれ年間でかかる利息の割合を示すものです。
簡単に考えると100万円を借り入れえて金利が10%であれば利息は10万円、返済総額が110万円になります。
ところが借入金額ではなく借入残高に対しての金利になりますので返済をすればそれだけ借入残高が少なくなり利息も小さくなっていきます。
利息の計算方法を確認しましょう。
借入残高×金利÷年間日数365日×利用日数
これが利息を決めるための計算式になります。
日割になりますので利用日数を掛けることになりますが、利用日数とは前回返済日から次回返済日までの期間です。
月に一度の返済であれば利用日数は30日もしくは31日となります。
実際に計算をしてみましょう。
30万円を14.5%で30日間借り入れた場合です。
借入残高30万円×金利14.5%÷年間日数365日×利用日数30日=3,575円
今度は1日分として考えてみましょう。
借入残高30万円×金利14.5%÷年間日数365日=119円
この1日分の利息を何日分支払うのかで利息の金額は大きく変わります。
119円が1日分の利息であり、この単体を見れば小さな金額にも思えます。
しかし30日分になると3,575円となり急に高額になった印象があります。
金利を決めるのは銀行選びで重要なことです。
しかし利息を決めるためには金利だけではなく借り入れ日数が重要になりますので、利用した日数分の利息を支払いますので利用日数を抑えることが重要になります。
ポイントをまとめてみましょう。
利息は金利だけではなく借り入れ日数によって決まる、それを代位日考えなくてはなりません。
つまり利用日数を節約しなければならないということです。
返済日まで待たなくてはならないと決められてはいないものです。
返済日よりも前に返済をすることも自由、それがカードローンの魅力でもあります。
基本的な返済方法として口座引き落としを選択するのは良いでしょう。
返済忘れを防ぐためにも口座から自動的に引き落としとなる返済方法は便利なものです。
しかしこれでは利用日数を節約することができません。
それ以外にも返済をしていく方法を使っていく必要があります。
銀行ATMからの返済、提携ATMからの返済を行っていくことが利用日数を節約するための大事な方法です。
少しでも利息を抑え元金の返済をしていくための方法を考えていきましょう。
利息は支払うものであり元金の返済に充てられるものではありません。

関連記事